株式会社ユーデンテクノ
めっきの主な特性の概要
 
※当社の対応しているのは赤色です
TOPへ戻る
特 性 概 要





装飾 光沢度 鏡面光沢、全光沢、光沢梨地調、無光沢梨地調
色調 クロム色系、ニッケル色系、白色系、黒色系、金色系、銀白色系、等
色調 梨地、スピン、ヘアライン、パール、ダイヤカット、ツートン、エンボス、等、素材加工で付与するものとめっき面の研磨で付与するものとがある。
防錆 湿気、硫化雰囲気、酸化雰囲気、塩分に対する防錆、防食、耐食の性質
耐摩耗性 摩耗しにくい特性。高硬度による対摩耗性と低摩擦係数による耐摩耗性。

特 性 概 要




硬度 めっき金属は一般に冶金学的に得られたものより硬度が高い。硬度の高いものは耐摩耗性にすぐれ耐擦傷性(キズのつきにくさ)という特性がある。 
潤滑性 すべりやすさのこと。低摩擦係数、保油性、なじみ性によるものがある。
寸法精度 精密機械部品や電子部品に必ず要求される特性。
肉盛り性 寸法補整を目的としさらに耐摩耗性、耐食性、切削加工性が同時に要求される。
型離れ性 金型に要求される特性。非粘着性とも深い関連性がある。
低摩擦係数 すべり性とも称し、耐摩耗性や潤滑性と密接な関係にある。
その他 後加工性や耐衝撃性、耐疲労性などがある。

特 性 概 要




電気伝導性 電気の伝わりやすさとのこと。銀が最も優れついで銅、金となる。
高周波特性 導波性。高周波電流の伝わりやすさ。伝送損失の少ないことが要求される。
磁性 磁気記録媒体に要求される特性。
低接触抵抗性 電気接触部での電気抵抗の小さい特性。同時に高硬度、耐摩耗性を含めてスイッチ特性と称することもある。
抵抗特性 電気抵抗体として必要な特性。特殊な無電解ニッケルめっきは、膜厚によって抵抗値を設定できる。
電磁波シールド特性 電磁波ノイズの発生を防止し、併せて外部からのノイズを吸収する特性。

特 性 概 要



反射防止性 防眩性とも称される。光の反射、まぶしさを防ぐ特性のこと。黒色化や梨地化が多く用いられる。
光選択吸収性 0.3~2.5μmの波長領域の太陽光を吸収する特性のこと。吸収率αで示され、1.0に近いほど吸収性が高い。同時に赤外線の放射率の少ないことが要求される。
光反射性 光を効率よく反射する特性。金又は白色金属光沢で平滑度の高い程反射率が大。
耐候性 紫外線劣化を引き起こしやすいプラスチック等を紫外線から保護する特性。

特 性 概 要



耐熱性 高温下で皮膜特性(硬度、耐摩擦性、耐食性など)が低下しない特性。
熱吸収性 熱を効率よく吸収する特性のことで光吸収性と同時に黒色皮膜が活用される。
熱伝導性 熱を伝えやすい特性のことで銀がもっともすぐれており、ついで銅、金となる。
熱反射性 光反射性と同義で、平滑度が高いほど反射特性にすぐれている。

特 性 概 要




ハンダ付け性 ハンダ付けのしやすい特性。ハンダぬれ性とも称されることもある。電気、電子、機械など広範囲な分野で要求される大切な特性。
ボンディング性 半導体部品の製造工程で要求される特性。金線やアルミ線と熱圧着や超音波圧着で接合しやすい特性のこと。溶接性など似たような特性といえる。
多孔性 表面に多数の微孔性(ポーラス)を有する特性のこと。保油性と同義。
非粘着性 型離れ性と同義語。すべり性や低摩擦係数と密接に関連。
接着性 金属と高分子の界面接着力を向上させる特性。

特 性 概 要




耐薬品性 化学薬品や有機酸などに対する耐食性のこと
汚染防止 化学機器ではスケールなどのつきにくさのこと
抗菌性 細菌の繁殖を抑制し殺す特性のこと。銅、銀、コバルトがすぐれている。
耐刷力 インクや染料を保持する性質が大きく、腐食されにくくインクのかきとりが容易で均一性にすぐれている。

特 性 概 要


難燃性 プラスチックを金属被覆して熱に対する弱さを補うこと。
海水腐食防止 海水中での防食、耐食性のこと。防食用には一般にCdめっきがすぐれている。
写実・再現性 模写特性とでもいえるので、複製工芸品などの製作に不可欠である。

出典:『’06版電気めっきガイド』(発行 全国鍍金工業組合連合会)より抜粋